未分類

ホタテがおいしい!失敗しない焼き方とうま味成分のヒミツ!

投稿日:

ホタテはどんな調理方法を選んでも美味しい食材ですよね!シンプルな焼きホタテの失敗しない焼き方をご紹介!気になるホタテのうま味成分と、栄養効果も調べていきましょう!

ホタテってこんな食材!

言わずと知れた、二枚貝の代表・ホタテ!刺身にしてもバター焼きにしてもお吸い物にしても間違いなく絶対美味しいホタテの魅力に首ったけです。

シンプルな料理ほど食材のうま味が引き立つのですが、ホタテは別格のお出汁(おだし)が出ます。ホタテと組み合わせただけで上品な和食や、華やかな洋食、がっつり食べたい中華にと、どんな料理にもスッと馴染んでしまう対応能力の高さたるや!

そんなホタテ先輩のうま味成分はグリシン。アミノ酸のなかでもはっきりした甘みを持つグリシンは、生で食べても加熱しても強い甘みを感じます。食べた!という気分になるのはこのグリシンの甘みのお陰なんですね!

ホタテ独特のうま味の元になるのはコハク酸と呼ばれるもの。コハク酸は貝の仲間に多く含まれるうま味成分です。なんとホタテにはアサリの10倍ものコハク酸が!ホタテ先輩、さすがです!ホタテの貝柱には春から夏にかけてグリコーゲンが大量に蓄積され、さらにうま味が増す要因になるのです!特に噴火湾岸産のホタテにはグリコーゲンが豊富に含まれています。

ホタテの気になる栄養は!

うま味成分のグリシン、コハク酸、グリコーゲンがホタテの美味しさを醸し出しているのですね!では、ホタテの栄養や効果にはどんなものがあるのか、気になってきましたよ!

ホタテは低カロリーのタンパク質、カルシウム、ビタミンや鉄分、亜鉛が豊富に含まれています。低カロリーの割には栄養がたくさんですよね!さらにホタテは目や脳の発達を助けるとも。悪玉コレステロールを減らすアミノ酸のタウリンも豊富含まれています。実はダイエットにも最適な食材だったんですね。

ホタテは天然物と養殖物がありますよね。天然のホタテは4年、養殖は3年で食べられるようになります。天然ものは「自然貝」といい、身が締まりちょっと固すぎる貝柱。それに比べて養殖のホタテは3年で市場に出回りますので身が柔らかいのです。

アドセンス


-未分類

Copyright© UMAMI ワールド! , 2021 All Rights Reserved.